のぼりの役割とは?

私たちがのぼりを目にするのは、たいてい店舗の敷地内やイベント会場などでしょう。

そこで使われているのぼりは、告知や宣伝を目的として置かれています。

のぼりが風にはためくと、のぼりに書かれた文字や絵柄が目立ち、その場に活気が出たり、人を集める効果があると言われます。
参考…【のぼりのよくばり情報館

こういったのぼりの役割として重要なのは、とにかく目立つということ。

のぼりは、できるだけ多くの人の注目を引かなくてはいけないのです。

例えば運転中のドライバーや、走行中の車内からでも容易に目に入るようなのぼりを作る場合には、遠目でもはえる色合いや、シンプルなデザインに配慮されて作られます。

またお店の高級感や上質なイメージを伝えたい場合には、単色で落ち着いた色合いにします。

落ち着いた色合いでも、同系色ののぼりが複数並んでいれば遠くからでも目立ちますし、シンプルであれば内容も伝わりやすいという効果があるのです。